« 空気の入れ方 | トップページ | トランジットコンパクト-改 クローズアップ »

2007年9月22日 (土)

呑川中上流?ぽた

えー・・・前回の続きで、本日行ってきました。

東京の清流を訪ねる!?シリーズ?第1弾後編?です。(笑
さって西蒲田からスタートですね。
池上を抜けてスタート地点に行きます。
まずは池上ぱん?で腹拵えです。

Unfan
プチドルフィンにて~。お会式は14日?

池上パンねーじゃんってことでカレーパンを買ったら・・・・レジ横に・・・ありました。なんとチーズ味?ってことでどーかな?と思ったんですが、美味でした。素直に・・・おいしいパンだと思います。

Ikegamipan2
満足です。

さて今回のポタの前におさらいです。以前西蒲田にいた時や、今のご近所で不思議な道が結構あるんですよ。
これって昔は水路というとよい言い方ですが、ドブの埋め立て後・・なんですねぇ。 航空写真のサイトを以前ご紹介しましたが、そこで大昔の航空写真を見ると・・・・見事に水路です。はい。

Suiroato
ってことでご近所でこういう所があったらそれは・・・元そういうところです。

という予備知識の元・・・・この前のところからスタートです。
んでここ・・・・。

Minikui_kisi
TVドラマみにくいアヒルの子で岸谷五朗が住んでいる設定のアパートがありました。

えー呑川ですが、水がきれい?になっていました。少なくともまだまだへどろっち多摩川よりもキレイです。

Tutumikatabasi
池上通り堤方橋付近(本門寺五重塔が見えます)

なんとー

Koi
鯉がいた。

Kame
亀もいた。

Honmonji
んで本門寺の参道ですな。

1gousen_2
ちゃんと流れがあって、水はキレイ。国道1号線

Seiryu
こんな感じ。

Kamo
カルガモもいた。ってことは小さい魚もいるのね。きっと。

Shinkansen
新幹線

Imobatake
新幹線の脇には・・・・なんとサツマイモ畑・・・。観光農園なんですがね。実は・・・区内の保育園の芋ほり御用達です。昔の大田区ってこんなんだったのかな?

Ikegamisen
池上線&中原街道のアンダーパス。

Sakura
桜並木・・・桜の季節はキレイなんでしょうねぇ。

というわけで、東工大の脇にやってきました。ここが例の下水の高度処理水が流れ出る場所です。ごぼごぼ結構な勢いで流れていました。この前の下水処理場と一緒で、やはり界面活性剤は処理しきれないのか?泡立ってはいますが、水はキレイでした。

Toko
なんで黒いゴムシートなんだろう?

この先は埋め立てられて、緑道になります。

Koreha
どっかで見たアンダーパスです。

Kabuse
こんな感じですね。

Toritudaigaku_2
東急東横線都立大学駅付近

なんと路駐?しているトランジットコンパクトがありました。(もちろんあちらはノーマル)
ってことで勝手に並べてオフ会状態(笑
普段から通勤?通学に使われているようで、結構へたっていました。錆びも出ていたし・・・・。

Torakon2
比べると結構違うのがわかります。

Shiryu
支流との合流点。支流も埋め立てられています。

大田区、目黒区、世田谷区と流れるのですが、大田区は基本的に川、目黒区はきれいな緑道に整備、世田谷は人口の川にしているようですが、目黒区が一番きれいでした。さすがお金持ち?区なんでしょうか?

Osare
こんなおしゃれな場所に・・・。これも緑道です。とても元ドブ川とは思えません・・・・。

Saigen
世田谷は川にしているのですが、手入れが足りないように見えました。

っでいよいよ源流です。
源流はなんと!東名から直結の首都高と、246のアンダーパスを超えた先にあります。興奮の一瞬です!

Genryu_2
!!!!!

Genryu2
!!!!!まじっすか?

えーここが一番上流でした。をーい。誰か掃除してやってくれー。・・・・。
というなんともいえない場所になっていました。うーむ。

で終わってしまうのは悲しいので反対を振り返ると・・・・いやーまだ上流あるんじゃん!ってことで・・・・・数百メートル進めました・・・・。

Cyogenryu
ここでおしまい。この下にきっと水路があったに違いない・・・・という構造・・・。

左の道ですが、この先なだらかな上り坂になっています。
そして坂を上りきると 

Sakurashinmachi
桜新町の駅がありました。駅前に巨大農協・・・さすが世田谷。

つまりですねぇ・・・・きっと先ほどの地点で、水が湧水していたんですねぇ。きっと。その上がこの桜新町あたりですんで、ちょうど地下水がこの辺りからごぼごぼ出て、川になっていたようです。そんな雰囲気のある上り坂でした。ってことでぜーんぶコンクリートで覆ってしまったんで水が出なくなってしまったんですねぇ・・・。

まっなんとなく納得がいく源流地だったわけで、なーるほどと思った次第です。という事で都合2回にわたってお届けしました、呑川の源流を探す旅(笑はここで完結となりました。
ご清聴ありがとうございました~。

(おまけ)

Nabona
ナボナの本店

Jiyugaoka
自由が丘のおされな道も・・・・・

Jiyugaoka2
実は元・・・・清流(ドブ川)

複雑な心境ですなぁ。
結局今回も半分トレーニング状態になってしまい、全工程自転車でした(笑
一応輪行袋持っていたんですがねぇ・・・・。

|

« 空気の入れ方 | トップページ | トランジットコンパクト-改 クローズアップ »

電ポタ」カテゴリの記事

コメント

こういう源流を探検する?っての大好きです。ワクワクしますよね。
埋め立てられた川・・・「千と千尋」のハクが悲しんでるんだろうな・・・とか思ったりして。
次回作も期待してます。多摩川あたりで?(笑)

投稿: とんじん | 2007年9月30日 (日) 16時10分

自転車に乗るようになって、街並みを気にするようになりました。それと地形ですかね~。

とても楽しいですよね。やっぱ地域ごとにいろいろ特色があったりするんだなぁと関心しきりです。

道路のカーブ一つにしてもなんでそうなったかって考えると、いろいろあるんだなぁと思います。
多摩川の源流は・・・・ダムになって山の中になってしまうので、黄色いのでGOでしょうか・・・・。

投稿: トラびぃ | 2007年10月 1日 (月) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呑川中上流?ぽた:

« 空気の入れ方 | トップページ | トランジットコンパクト-改 クローズアップ »